ビザ申請Q&A

外国人のビザ申請に関するQ&A。年間10000件以上寄せられるビザに関するご質問の中から、よくあるケースをご紹介。 このサイトはビザ申請サービスを運営する行政書士法人ACROSEEDがご提供します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Q. 私は日本人男性35歳です。
現在、フィリピン在住のフィリピン女性と交際中で結婚を考えています。

結婚後は日本で一緒に暮らす予定ですがどのような手続きを行えばよいのでしょうか?



A. 日本人の配偶者となるための手続きとしては、日本国内ですべての手続きを行う場合(在留資格変更許可申請)と海外で結婚をした後に日本に呼ぶ場合(在留資格認定証明書交付申請)との2種類があります。

1. 日本国内ですべての手続きを行う場合(在留資格変更許可申請)

 短期滞在査証の発給を受けて来日し、日本国内で婚姻した後に在留資格変更を行うケースです。この方法がもっとも早く日本で一緒に生活を始めることができます。

2. 海外で結婚をした後に日本に呼ぶ場合(在留資格認定証明書交付申請)

 まず日本人が海外現地に行って正式に結婚し、日本人だけが先に帰国して日本国内で婚姻届を提出します。次に入国管理局に日本人配偶者の招聘(在留資格認定証明書交付申請)を申請します。


 どちらのケースがよいというのはありませんが、短期査証で入国しやすい国の方(一般的に欧米諸国)は1.のケース、短期査証での入国が難しい国の方(一般的にアジア諸国)は2のケースが多いかと思われます。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。